すらら特集
すららの特徴

スモールステップで「できない」を解消 達成感のある勉強ができる!

各生徒にぴったりな学習を

勉強が苦手な生徒は、いきなり応用問題や難易度の高い問題が出てくると、まったく分からなくなってしまう。
自分の理解を超えたもの、壁が立ちはだかると、そもそも勉強に取り組むことができなくなってしまうのだ。 特に、数学や英語など、積み重ねが大切な教科は、一度つまずいてしまうと、そのまま苦手教科になってしまう可能性がきわめて高い。
「すらら」はゼロベースからでも理解できるように、スモールステップ、小さな理解の積み重ねの学習を行っている。
最初は誰でもわかる簡単な問題から出題され、それが解けたら、一つ上の難易度の問題に進める。 分かる問題を少しずつ、少しずつ、こなしていくので、新しい単元に壁を感じないのだ。 そのため、習ったことのない範囲でも、誰にでも分かりやすく、どんどん先に進んでいける。
このことから、「すらら」を予習用に使うユーザーも多い。

さらに、「すらら」には “どこが分からないか分からない”をなくす「弱点自動判別システム」と、
各生徒に応じた問題を出題してくれる「出題難易度コントロールシステム」が搭載されている。
低学力層の生徒は、苦手をなくそうにも、どこが苦手なのか、どこが分からないのかがそもそも分かっていないことが多い。
この「弱点自動判別システム」では、分からない、分からなくなってしまった部分を明確にし、どこから学び直せばいいかを、個別に判定してくれる。 高校生の範囲を習っていても、中学範囲の理解不足まで指摘してくれる。こうして割り出された苦手問題が繰り返し出題されるので、 わからないところを一歩ずつ、着実克服していくことができるのだ。
また、「出題難易度コントロールシステム」では、生徒一人ひとりのドリルの理解度や正答率に応じて、出題される問題の難易度を調整し、 その生徒に最適な問題が出題される。難し過ぎる問題が出ると途中でイヤになって挫折してしまう。 しかし、簡単な問題ばかりでは実力は上がらない。
このシステムでは簡単すぎず、難しすぎない問題の出題によって、常に達成感を感じながら、学習できるのだ。

定期テスト対策からセンター入試レベルまで さまざまな学力層におすすめ!!

さまざまな学力層におすすめ

「すらら」は何も低学力層の生徒の為だけのe-ラーニングではない。
偏差値30台後半から60程度のさまざまな学力層で使用可能だ。
範囲も、中学生は定期テスト対策から公立高校受験レベルの対策まで、高校生はセンター入試レベルの対策までと幅が広い。
導入校の中には、英語、数学の両教科において、すべての生徒の偏差値が上昇したという事例もある。

「すらら」は中学生、高校生向け教材だが、活用しているユーザーはそれだけに留まらない。
小学生も先取り教育として多く利用している。
特に、英語はネイティブの発音でアルファベットから丁寧に教えてくれるので、はじめての英語教材としても最適だ。
さらに、「すらら」には5級から2級までの英検対策コースがあり、「文法」「英作文」「ヒアリング」をバランスよく身につけることができる。 中学生、高校生はもちろん、多くの小学生が英検対策に「すらら」を受講している。
さまざまな生徒層を持つ塾や学校とって、「すらら」はピッタリの学習教材だ。

自宅学習でも安心!管理機能の特徴

「すらら」は専用ID、パスワードとインターネットの環境があれば5時~27時までの間、好きな時間に好きな場所で学習できる。
塾や学校では場所という制約があるが、「すらら」を使えば、宿題として、自宅学習が可能になるのだ。
近くに導入塾がなかったり、不登校の生徒でも学習できるよう、在宅学習コースを開設している塾や学校も多数存在する。
家でとなると、勉強の持続が難しそう、分からないところがあったらフォローができない、 そもそもきちんと勉強しているかも分からない、と思う方も多いだろう。
しかし、「すらら」の管理機能がその悩みを解決してくれる。

「すらら」の管理機能には「目標設定」と「進捗状況の確認」の二つの機能がある。
目標設定機能では「どの単元をどのくらい勉強するか」といった目標を、カレンダー上に簡単に設定することができる。 生徒自身に設定させてもいいし、理解状況を確認し、塾の講師が登録してもいい。
さらに、「すらら」の管理画面では利用している生徒一人ひとりの学習の進捗状況が詳細に表示される。
いつ、どれだけの時間、どれだけの内容を学習したか、ログイン回数、クリアユニット数、レクチャーの視聴時間、 ドリルの正解率、回答時間、目標の達成率、弱点などが、日次単位で事細かに把握できるのだ。
管理者から、アナウンス(メッセージ)を送信することもでき、リアルタイムに学習している状況を見ることも可能なので、 いつも誰かが見てくれているという安心感と同時に、見られているという緊張感を生徒に与えることができる。
宿題忘れなどを未然に防ぐことも可能だ。

また、生徒の学習方法の傾向も理解できる。ある生徒は朝方、ある生徒は夜型、一教科を優先的に進める生徒や、 3教科平均的に行う生徒、休憩を挟まず連続して行う生徒もいれば、数時間時間を置いて次の教科を行う生徒もいる。
「すらら」を使えば、生徒の学習方法の傾向を一人ひとり正確に把握し、それぞれに応じた指導が可能となるのだ。

学習塾関係者さま
  • 学習塾関係者さま
  • 個人のお客さま

ピックアップ学習塾

進学塾のキューブ

進学塾のキューブ

現代の教育で、国語力の重要性が問われるようになっている。 曰く、「全ての学習の基盤である」「コミュニケーション能力をつかさどる」「思考力の大元である」等、重要性を説く主張には事欠かない。 各教科の指導でも、文章問題や筆記問題が重視される傾向にある。そんな中、国語力向上に定評のある塾が進学塾のキューブだ。 良い先生がいるとかではなく、塾全体で国語力向上のために取り組んで... この記事の続きを読む

ワン・ツー・ワン個別学院

ワン・ツー・ワン個別学院

映像授業というものが学習塾業界で取り上げられて、もう幾年かになる。 曰く、良い先生の授業をどこでも受けられる、戻り・先取り学習が出来る、安価である。 質の高い教育への関心が高まっている事や、インターネットの利用環境が劇的に向上する中で、様々な学習塾で映像授業の導入が行われている。 ただし、使い方や、映像授業の内容は、各塾によって取り組みは様々で、まだまだ試錯誤とい... この記事の続きを読む

過去の特集

すらら特集

すらら特集

近年、勉強の出来る子、出来ない子の二極化が進んでいる。 これを呼んでいる方の中にも、子供が赤点をとりってきてため息を付いた事のある方もいるのではないだろうか。 そんな中、低学力の生徒向けの教材が話題を呼んでいる。「株式会社すららネット」が開発した、 低学力向けNo.1パソコン教材「すらら」だ。2012年11月末日、日本e-Learning大賞文部科学大臣賞を受賞し... この記事の続きを読む

子どもの勉強時間

子どもの勉強時間

勉強しなさい、勉強しなさいと口ではいいますが、勉強はどのくらいの時間やればいいのでしょうか。 あなたは自分のお子さん、周りのお子さんの学校以外の勉強時間を知っていますか? また、お子さんに一番合った、効率の良い勉強時間とはどのくらいなのでしょうか? 今回はそういった勉強時間についての特集です。人間は何か覚えても 20分後には42%を忘却し、1時間後には56%を忘却し、1日後に... この記事の続きを読む

合格の方程式

合格の方程式

塾の先生なんかとお話しをしていると、良く出てくる言葉に、「最後は生徒のやる気」というものがあります。 別に塾の先生が勉強が、成績が上がらない事の責任を、生徒に押し付けている訳ではありません。 生徒のやる気が塾の効果を何倍にもしてくれるという事です。 じゃあ「やる気」って何なのと言えば、これは「自分でやる勉強」という事です。 塾に通っていても、いやむしろ塾に通っているからこ... この記事の続きを読む

塾選びの要点

塾選びの要点

皆さん「良い塾」に通っていますか?「良い塾」の考え方は一人ひとり異なると思います。 ・成績が上がった・志望校に合格した・勉強のやり方が身についた・やる気が上がった等々、 このように成果を出せるのかどうかは、「良い塾」に巡り合えるかどうかで変わります。 でも、今は塾が乱立している時代です。両手に余るほどの塾がある地域もあります。 では、どうすれば「良い塾」に巡り合う...この記事の続きを読む

不登校のお子様

不登校のお子様

不登校でお悩みの方々に先ずお伝えしたいのは、不登校そのものは決して珍しい事ではないという事です。 小中学生で10万人以上が確認されています。また、一節では実質その数倍の人々が不登校に苦しんでいると 言われています。 しかしそれ程多くの人が苦しんでいる中で、不登校に対する世間の理解では十分ではあ りません。また正確に不登校の事を理解している人々も少ないのが現状で... この記事の続きを読む


掲載塾募集中!