すらら特集
すららって何?
すららって何?

近年、勉強の出来る子、出来ない子の二極化が進み、どの学校や塾も出来ない子への指導が難航している。
出来ない子の指導にはとにかく手間と時間がかかる。
基礎が出来ていないため、分かるまで何度も何度も教えなくてはならないのだ。 また、そもそも勉強が嫌いという生徒には、集中させるだけでも労力を費やす。
しかし、そこに注力すると、学力の高い生徒への指導の時間が十分に取れなくなってしまう。 特に、学校や塾では一度に多くの生徒を相手にするため、低学力の生徒への指導は負担となっている事が多い。
個別塾なら大丈夫、というわけでもない。個別塾は担当者の実力で全てが決まる。 集団と違い、分かるようになるまで指導する分、時間配分などの課題も多い。
出来ない子は取り残されるばかりだ。
そんな中、低学力の生徒でも自主的に取り組む事ができる教材が話題を呼んでいる。

「株式会社すららネット」が開発した、低学力向けNo.1パソコン教材「すらら」だ。

2012年11月末日、日本e-Learning大賞文部科学大臣賞を受賞し、 「すらら」を使用している学習塾は全国で450塾を超え、生徒数は20,000人に上る。
「すらら」の最大の長所はテストで毎回赤点を取ってしまうような生徒、 偏差値30台から40台の生徒でも自分の力で学習を進める事ができるという点だ。
ではなぜ、「すらら」は学力が低い生徒でも自主的に活用できるのだろうか。

アニメキャラが先生?ゲーム感覚授業で生徒の心をキャッチ!

「すらら」とは、小学校高学年から高校生の生徒が国語・数学・英語の三教科を、 インターネットを通じてパソコンで学ぶことができる「対話型アニメーション教材」だ。
「すらら」の先生はどこかの有名塾講師でもなければ美人英語教師でもない。

なんと、アニメのキャラクターが先生なのだ。

中学生版と高校生版の各教科で、それぞれ異なったストーリーが組まれており、 登場キャラクターが懇切丁寧に単元をレクチャーしてくれる。
ゲーミフィケーション、つまりゲームのハマる要素を科学的に組み込んだ結果、 ロールプレイングゲームをする感覚で勉強を進めていけるので、 勉強が苦手な生徒でも楽しく勉強できる仕組みだ。
内容は、有名な予備校のカリスマ講師の授業を再現したもので、丁寧で大変分かりやすく、音や映像で飽きさせない創りになっている。
さらに「すらら」はただ勉強を教えてくれるだけではない。

要所要所で問題を出題し、生徒がこれに答えるという対話型の勉強が出来るのだ。

e-ラーニング界に新風!理想の”次世代教育システム”

理想の次世代教育システム

「すらら」のようにパソコンやコンピューターネットワークなどを用いて行う学習のことをeラーニングという。
eラーニングは大きく3種類に分けることが出来る。

有名講師の分かりやすい講義を動画で視聴する映像配信型
豊富な問題解いていき、反復することで知識を定着させるドリル型
携帯ゲーム機などを使い、楽しむことに重点を置いたゲーム型
の3つだ。

それぞれ大きな長所があるが、短所もある。
映像配信型は一方的で、学習意欲がないと集中力が続かないし、
ドリル形式のものはそもそも基礎がしっかりできていないと問題が解けない。
ゲーム型もドリル形式と同じく、単語など反復による暗記系のものがほとんどで、 根本的に分かっていないところが分かるようにはならない。

そもそも、これらのeラーニングは低学力層の生徒にはあまり向いていない。
eラーニングは中間学力層の生徒を前提としており、低学力層には最初に越えるべきハードルが高すぎるのだ。

だが「すらら」は従来のeラーニングとは違う。
今までのeラーニング欠点を払拭した、新しいeラーニングなのだ。

映像配信型のように一方的に講義を聴くのではなく、レクチャー中に頻繁に質問をされ、 生徒自身に考えさせ、答えさせるという相互関係。
これにより、程良い緊張感が生まれ、生徒は講義に集中することができる。
レクチャーの後にはドリルが始まり、習ったことをすぐに反復演習する。 理解した記憶が鮮明なうちに定着させるのだ。
英語23,000問、数学20,000問、国語6,000問と問題量も豊富。 さらに、ゲーム型の楽しく学習できる要素も含まれている。

このように、「すらら」は今までのe-ラーニングの短所を補い、長所を相乗効果的に組み合わせた、
理想の"次世代型教育システム"なのだ。

学習塾関係者さま
  • 学習塾関係者さま
  • 個人のお客さま

ピックアップ学習塾

進学塾のキューブ

進学塾のキューブ

現代の教育で、国語力の重要性が問われるようになっている。 曰く、「全ての学習の基盤である」「コミュニケーション能力をつかさどる」「思考力の大元である」等、重要性を説く主張には事欠かない。 各教科の指導でも、文章問題や筆記問題が重視される傾向にある。そんな中、国語力向上に定評のある塾が進学塾のキューブだ。 良い先生がいるとかではなく、塾全体で国語力向上のために取り組んで... この記事の続きを読む

ワン・ツー・ワン個別学院

ワン・ツー・ワン個別学院

映像授業というものが学習塾業界で取り上げられて、もう幾年かになる。 曰く、良い先生の授業をどこでも受けられる、戻り・先取り学習が出来る、安価である。 質の高い教育への関心が高まっている事や、インターネットの利用環境が劇的に向上する中で、様々な学習塾で映像授業の導入が行われている。 ただし、使い方や、映像授業の内容は、各塾によって取り組みは様々で、まだまだ試錯誤とい... この記事の続きを読む

過去の特集

すらら特集

すらら特集

近年、勉強の出来る子、出来ない子の二極化が進んでいる。 これを呼んでいる方の中にも、子供が赤点をとりってきてため息を付いた事のある方もいるのではないだろうか。 そんな中、低学力の生徒向けの教材が話題を呼んでいる。「株式会社すららネット」が開発した、 低学力向けNo.1パソコン教材「すらら」だ。2012年11月末日、日本e-Learning大賞文部科学大臣賞を受賞し... この記事の続きを読む

子どもの勉強時間

子どもの勉強時間

勉強しなさい、勉強しなさいと口ではいいますが、勉強はどのくらいの時間やればいいのでしょうか。 あなたは自分のお子さん、周りのお子さんの学校以外の勉強時間を知っていますか? また、お子さんに一番合った、効率の良い勉強時間とはどのくらいなのでしょうか? 今回はそういった勉強時間についての特集です。人間は何か覚えても 20分後には42%を忘却し、1時間後には56%を忘却し、1日後に... この記事の続きを読む

合格の方程式

合格の方程式

塾の先生なんかとお話しをしていると、良く出てくる言葉に、「最後は生徒のやる気」というものがあります。 別に塾の先生が勉強が、成績が上がらない事の責任を、生徒に押し付けている訳ではありません。 生徒のやる気が塾の効果を何倍にもしてくれるという事です。 じゃあ「やる気」って何なのと言えば、これは「自分でやる勉強」という事です。 塾に通っていても、いやむしろ塾に通っているからこ... この記事の続きを読む

塾選びの要点

塾選びの要点

皆さん「良い塾」に通っていますか?「良い塾」の考え方は一人ひとり異なると思います。 ・成績が上がった・志望校に合格した・勉強のやり方が身についた・やる気が上がった等々、 このように成果を出せるのかどうかは、「良い塾」に巡り合えるかどうかで変わります。 でも、今は塾が乱立している時代です。両手に余るほどの塾がある地域もあります。 では、どうすれば「良い塾」に巡り合う...この記事の続きを読む

不登校のお子様

不登校のお子様

不登校でお悩みの方々に先ずお伝えしたいのは、不登校そのものは決して珍しい事ではないという事です。 小中学生で10万人以上が確認されています。また、一節では実質その数倍の人々が不登校に苦しんでいると 言われています。 しかしそれ程多くの人が苦しんでいる中で、不登校に対する世間の理解では十分ではあ りません。また正確に不登校の事を理解している人々も少ないのが現状で... この記事の続きを読む


掲載塾募集中!