不登校後の進路

不登校だったからといって、未来が輝かしくないものになる訳ではありません。しっかりと決断し進んでいく事で、学校に通う事とそん色の無い未来をつかむ事は出来るはずです。 不登校の子供は様々な問題を抱えていますが、不登校の原因を排除する事で解決する事も珍しい事ではありません。 なんとかしなければという気持ちになる事は良く分かりますが、柔軟な発想を持つ事はとても重要です。 今からあげる進路の中には、俄かには受け入れがたいものもあるかもしれません。それでも、一つ一つの選択肢を真剣に検討してほしいと思います。 そうする事で、どの道を選んでも、「そうするしかなかった」という閉塞感を持たずに進む事が出来ます。 進路は現状を打開できるものでなければなりません。原因を突き詰めて考えていれば、どうすればいいか道筋が見えてくると思いますので、じっくりと考えてみてください。

転校

その学校に問題がある場合には、非常に有効な方法です。実際には立地等の関係で難しいケースもありますが、住民票だけを移す等、意外と手段はあるものです。 他の学校なら通えるというのであれば、今の学校に拘る事は非常にばかばかしい事です。

就職(アルバイト)

高校生であれば、退学し就職という事も考えられます。どうにもこの選択肢は親御さんの受けが悪いのですが、立派に働きながら高卒資格を取る方もいらっしゃいます。また、働いてみる事で自分の能力というものが再確認できて自信がつき、勉強に戻ると言うケースもあるのです。 あまり、良くないと決めつけずに自立に向けて促してみるのも良いかもしれません。

学校に相談

進路ではありませんが、考えてみる必要はあります。最近の学校は、不登校のための特別教室等が準備されており、サポート体制が整っている所もあります。また、学校が原因だったとしてもつまらない行き違いであって、お互いに折り合える所がある場合もあるのです。学校は分かってくれないと決めつける前に、学校と相談して他の手段を探してみると言うのも必要な事です。

休学

とりあえず休んでしまおうという考え方です。では精神的に休まるかというと、来年には通わなければいけないのですから、その事で状況が落ち着くとは限りません。 しかし行かなければいけないというプレッシャーからは解放されます。 また、一年休む事で学年がずれて通えるようになるというケースもあります。逆に、周りの人よりも年上になってしまうために、より学校に行きにくくなるという事もありますので、一概には言えませんが。

大検受験

高校生や、卒業を控えた中学生のみですが、学校に行かずに大検を受験すると言う方法もあります。 その後、大学や、専門学校、短期大学に進む事が出来ますので、将来の設計には非常に有効です。また大学や専門学校、短期大学は中学高校とは雰囲気も違いますので、比較的通いやすいというのもあります。 大検合格をサポートするための学校も色々存在しますので、調べてみる事をお勧めします。

不登校をサポートしてくれる学校に移る

別項目で紹介しています、不登校をサポートしてくれる学校に移るのも一般的な手段の一つです。様々な学校がありますし、何より不登校の生徒の対応に慣れていますので、上手くやっていける可能性は十分にあります。

ピックアップ学習塾

進学塾のキューブ

進学塾のキューブ

現代の教育で、国語力の重要性が問われるようになっている。 曰く、「全ての学習の基盤である」「コミュニケーション能力をつかさどる」「思考力の大元である」等、重要性を説く主張には事欠かない。 各教科の指導でも、文章問題や筆記問題が重視される傾向にある。そんな中、国語力向上に定評のある塾が進学塾のキューブだ。 良い先生がいるとかではなく、塾全体で国語力向上のために取り組んで... この記事の続きを読む

ワン・ツー・ワン個別学院

ワン・ツー・ワン個別学院

映像授業というものが学習塾業界で取り上げられて、もう幾年かになる。 曰く、良い先生の授業をどこでも受けられる、戻り・先取り学習が出来る、安価である。 質の高い教育への関心が高まっている事や、インターネットの利用環境が劇的に向上する中で、様々な学習塾で映像授業の導入が行われている。 ただし、使い方や、映像授業の内容は、各塾によって取り組みは様々で、まだまだ試錯誤とい... この記事の続きを読む

過去の特集

すらら特集

すらら特集

近年、勉強の出来る子、出来ない子の二極化が進んでいる。 これを呼んでいる方の中にも、子供が赤点をとりってきてため息を付いた事のある方もいるのではないだろうか。 そんな中、低学力の生徒向けの教材が話題を呼んでいる。「株式会社すららネット」が開発した、 低学力向けNo.1パソコン教材「すらら」だ。2012年11月末日、日本e-Learning大賞文部科学大臣賞を受賞し... この記事の続きを読む

子どもの勉強時間

子どもの勉強時間

勉強しなさい、勉強しなさいと口ではいいますが、勉強はどのくらいの時間やればいいのでしょうか。 あなたは自分のお子さん、周りのお子さんの学校以外の勉強時間を知っていますか? また、お子さんに一番合った、効率の良い勉強時間とはどのくらいなのでしょうか? 今回はそういった勉強時間についての特集です。人間は何か覚えても 20分後には42%を忘却し、1時間後には56%を忘却し、1日後に... この記事の続きを読む

合格の方程式

合格の方程式

塾の先生なんかとお話しをしていると、良く出てくる言葉に、「最後は生徒のやる気」というものがあります。 別に塾の先生が勉強が、成績が上がらない事の責任を、生徒に押し付けている訳ではありません。 生徒のやる気が塾の効果を何倍にもしてくれるという事です。 じゃあ「やる気」って何なのと言えば、これは「自分でやる勉強」という事です。 塾に通っていても、いやむしろ塾に通っているからこ... この記事の続きを読む

塾選びの要点

塾選びの要点

皆さん「良い塾」に通っていますか?「良い塾」の考え方は一人ひとり異なると思います。 ・成績が上がった・志望校に合格した・勉強のやり方が身についた・やる気が上がった等々、 このように成果を出せるのかどうかは、「良い塾」に巡り合えるかどうかで変わります。 でも、今は塾が乱立している時代です。両手に余るほどの塾がある地域もあります。 では、どうすれば「良い塾」に巡り合う...この記事の続きを読む

不登校のお子様

不登校のお子様

不登校でお悩みの方々に先ずお伝えしたいのは、不登校そのものは決して珍しい事ではないという事です。 小中学生で10万人以上が確認されています。また、一節では実質その数倍の人々が不登校に苦しんでいると 言われています。 しかしそれ程多くの人が苦しんでいる中で、不登校に対する世間の理解では十分ではあ りません。また正確に不登校の事を理解している人々も少ないのが現状で... この記事の続きを読む


掲載塾募集中!