ストレスの原因 【本人】

大人になる過程で人間は色々な事を考えます。その中で学校に通わないという選択肢が見える事も良くあることだと思います。 その中で、思いが強く不登校という形で表れるケースもあります。 そういった場合は、本人は学校に通わなくていいという確固とした理論を持っています。それは説得力があるかどうかは分かりませんが、本人の中では矛盾なく成り立っているはずなのです。 その事を踏まえたうえで対応しなければ、唯の罵詈雑言のぶつけあいのようになってしまう事もあります。

学校に意味を感じない

誰しも勉強は何のために有るのか、学校は何のために行くのかと考えた事があるでしょう。そういう事を突き詰めていった結果、学校そのものに魅力や意味を感じなくなる場合があります。 漠然と行った方が良いと分かってはいても、行くためのモチベーションが無い状態です。 理由としては勉強したからといって、将来が安定するとは限らないという社会に対する不安が代表的です。 それ以外にも、何となくやる気が出ない等と言うのはこういった状態が多いかもしれません。 無理に行かせようとしても、学校に行かずどこか違う所に行ってしまうケースも見られます。 重要なのは甘えている訳ではなく、学校に意味を見いだせなくなっているという事です。こういう状態で、甘えているのだと思って強く言い聞かせても、分かってもらえないと思いかえって意固地になってしまうケースが珍しくありません。

将来に勉強が必要ない

将来に明確な目標を持っており、それに勉強が必要がないと自分で判断している場合、確信的に学校に行かなくなる場合があります。 将来の夢を、何かの職人だったり、バーテンダー等と定めた場合、本人にとっては勉強は必要がなく、学校に行っているひまがあったら違う事をした方がよいと考えるのです。 具体的な目標はなくても、学校に行かずに働いている人等との出会いが、そういった考え方をもたらす場合があります。 考え方としては間違っていませんので、違う理屈で説得することは困難です。そういう生き方を否定するような言い方は、絶対に避けなければいけません。 自分なりに考えた結果なので、周りの人間は本人の考えとの妥協点を探していかなければいけません。

学校に行く事が怖い

これは行かない不登校というよりは、本来は行けない不登校なのですが、周りから見ればそうは見えないというものです。 長期の休みの後や、転向した直後など、意味もなく学校に行くのが怖い時があります。留学等から帰ってきた場合にもみられる事があります。 慣れていない場所や、久しぶりに学校に行く場合、どうしても過去の自分が通っていた時のイメージとずれがあったり、あるいはずれが起こるのが怖くて、学校に行けなくなる場合があるのです。
大した事がないと周りは考えてしまいがちですが、こじらせると大変な事になります。特に、実際に行ってみて、自分のイメージとのずれを実感した場合はそこに通うのがどうしても嫌になってしまうケースがあるのです。 厄介な所は、本人の中では自分が思っている学校の姿と全然違うのですが、周りの人間は今までと同じ状態であると認識してしまう事です。強制されればとりあえず教室までは行けてしまったりするので、なおさらの事区別がつきません。 周囲の理解が無ければ、どんどんと疎外感を強めていってしまう場合があります。

ピックアップ学習塾

進学塾のキューブ

進学塾のキューブ

現代の教育で、国語力の重要性が問われるようになっている。 曰く、「全ての学習の基盤である」「コミュニケーション能力をつかさどる」「思考力の大元である」等、重要性を説く主張には事欠かない。 各教科の指導でも、文章問題や筆記問題が重視される傾向にある。そんな中、国語力向上に定評のある塾が進学塾のキューブだ。 良い先生がいるとかではなく、塾全体で国語力向上のために取り組んで... この記事の続きを読む

ワン・ツー・ワン個別学院

ワン・ツー・ワン個別学院

映像授業というものが学習塾業界で取り上げられて、もう幾年かになる。 曰く、良い先生の授業をどこでも受けられる、戻り・先取り学習が出来る、安価である。 質の高い教育への関心が高まっている事や、インターネットの利用環境が劇的に向上する中で、様々な学習塾で映像授業の導入が行われている。 ただし、使い方や、映像授業の内容は、各塾によって取り組みは様々で、まだまだ試錯誤とい... この記事の続きを読む

過去の特集

すらら特集

すらら特集

近年、勉強の出来る子、出来ない子の二極化が進んでいる。 これを呼んでいる方の中にも、子供が赤点をとりってきてため息を付いた事のある方もいるのではないだろうか。 そんな中、低学力の生徒向けの教材が話題を呼んでいる。「株式会社すららネット」が開発した、 低学力向けNo.1パソコン教材「すらら」だ。2012年11月末日、日本e-Learning大賞文部科学大臣賞を受賞し... この記事の続きを読む

子どもの勉強時間

子どもの勉強時間

勉強しなさい、勉強しなさいと口ではいいますが、勉強はどのくらいの時間やればいいのでしょうか。 あなたは自分のお子さん、周りのお子さんの学校以外の勉強時間を知っていますか? また、お子さんに一番合った、効率の良い勉強時間とはどのくらいなのでしょうか? 今回はそういった勉強時間についての特集です。人間は何か覚えても 20分後には42%を忘却し、1時間後には56%を忘却し、1日後に... この記事の続きを読む

合格の方程式

合格の方程式

塾の先生なんかとお話しをしていると、良く出てくる言葉に、「最後は生徒のやる気」というものがあります。 別に塾の先生が勉強が、成績が上がらない事の責任を、生徒に押し付けている訳ではありません。 生徒のやる気が塾の効果を何倍にもしてくれるという事です。 じゃあ「やる気」って何なのと言えば、これは「自分でやる勉強」という事です。 塾に通っていても、いやむしろ塾に通っているからこ... この記事の続きを読む

塾選びの要点

塾選びの要点

皆さん「良い塾」に通っていますか?「良い塾」の考え方は一人ひとり異なると思います。 ・成績が上がった・志望校に合格した・勉強のやり方が身についた・やる気が上がった等々、 このように成果を出せるのかどうかは、「良い塾」に巡り合えるかどうかで変わります。 でも、今は塾が乱立している時代です。両手に余るほどの塾がある地域もあります。 では、どうすれば「良い塾」に巡り合う...この記事の続きを読む

不登校のお子様

不登校のお子様

不登校でお悩みの方々に先ずお伝えしたいのは、不登校そのものは決して珍しい事ではないという事です。 小中学生で10万人以上が確認されています。また、一節では実質その数倍の人々が不登校に苦しんでいると 言われています。 しかしそれ程多くの人が苦しんでいる中で、不登校に対する世間の理解では十分ではあ りません。また正確に不登校の事を理解している人々も少ないのが現状で... この記事の続きを読む


掲載塾募集中!