8月2013

今日は、「なぜ勉強するのか?」という、根本的なお話をしましょう。

 

∪・ω・;∪ ぼくも前から気になっていたんだワン。学校や塾、宿題…苦しいばかりだワン。∪・ω・;∪

 

でも、みんな少なくとも義務教育を受け、更に高校・大学へ進む人も多いわけですよね。

そして最終的に出た学校の名前を「学歴」と呼んでいますよね。

 

日本は「学歴社会」だ、「学歴主義だ」なんていう言い方もよく耳にするよね。∪・ω・;∪

 

日本の企業の多くは、高校卒業者と大学卒業者の待遇において非常に差があるといことからも、学歴による偏見がなされていることがわかります。

 

やっぱり、いまのうちから勉強をして、「いい高校」「いい大学」に入った方が、人生で得するのかワン?でも「いい高校」「いい大学」って言っても、色々考えられると思うんだワン…∪・ω・;∪

 

もちろん、「高い偏差値の学校」=「いい高校・大学」、って決まっているわけじゃないですよ。将来自分のやりたいこと・職業が、しっかりと決まっている人は、そのための勉強が出来る学校を選ぶべきだとも思います。

 

だけれど、特に高校進学の時には、まだ自分の将来がはっきりと見えていない人が多いんじゃないでしょうか?その場合は、「将来の選択肢」を広げておくという意味で、なるべく上位の学校に入っておいた方が得という部分もあります。

たとえば、お医者さんになりたい人は、医学部を卒業して国家試験に合格する必要があります。となれば、高校の段階で、医学部進学を目指すのが現実的な学校・進路を選択するべきでしょう。付け足して言うと、私立医学部だと1年間の学費が1,000万ほどかかってしまうので、残念ながら全ての人がその教育費を出してくれる家庭環境にあるとは考えられづらいです。

 

ぼくは別にお医者さんになりたいわけじゃないけれど、やっぱり大学まで進学した方がいいのかワン?∪・ω・;∪

 

はい、大学4年間の中で、将来自分がやりたいことを見つけるというのも、大いに意味があることだと思いますよ。

 

でも、大学を卒業していない人の中でも、社会で立派に活躍している人は、たくさんいるワン∪・ω・;∪

 

確かにそうですね。

東大卒のフリーターがいるとか言われますが、国家公務員や司法試験合格者は圧倒的に東大生が占めているのです。

また,一昔前話題になったライブドアと、今も勢いが止まらない楽天は、学歴や学閥とは無縁と思われがちなインターネットベンチャーの代表格です(でした)が,ライブドアの堀江社長は東大中退,楽天の三木谷社長は一橋卒です。電通を退社してセレクトショップのビームスを作った設楽洋氏も慶応卒です。

要するに実社会に出て頑張った人は,受験の時も頑張った場合が多いのです。また,有名大学だと就職先で卒業生がすでに活躍している場合が多く,なにかと目をかけてくれるケースがあります。

また,作家や芸術家,文化人など,企業社会とは無縁の世界に進んだ人の中にも高学歴の人がよくいます。
歌手の一青窈氏は慶応卒です。『リング』や『らせん』を書いた作家の鈴木光司氏は慶応卒で,村上春樹氏は早稲田卒。変わった所ではコム・デ・ギャルソン(ぼくも実は大好きだワン∪・ω・;∪)のデザイナー川久保玲氏,ヨージ・ヤマモトのデザイナー山本耀司氏(お二人とも、世界が認める、日本が誇れるデザイナーです)がともに慶応卒です。

裏を返せば有名大学のキャンパスには将来そうなる可能性を持った学生が普通に歩いていますし,そういう環境で学生時代を過ごすというのはなかなか得がたい経験になるはずです。
とにかく「学歴を問わない企業が増えているから受験勉強を頑張らなくていい」と考えてしまうのが一番危険です。

 

う、うーん、何だかごまかされたような気持にもなってきたワン…∪・ω・;∪

 

でも、今がんばれることをがんばっておいた方がいいというのは分かったワン!∪・ω・;∪

 

長かった夏休みも、気がつけばあと2週間となりました。

 

∪・ω・∪「あと2週間!?

あっという間すぎるワン」

 

もうさすがに宿題は大抵終わっていますよね?

 

∪・ω・;∪「ギクリ!」

 

…終わってますよね?

 

∪・ω・;∪「じ、自由研究と読書感想文は終わったんだワン!

…ただ、大量の問題集が…」

 

まあ、「大物」が終わっているだけ良いですが。

 

∪・ω・∪「大丈夫、大丈夫。

まだ2週間もあるから余裕だワン」

 

とか言ってると最終日にまとめてやる羽目になっちゃいますよ?

 

∪・ω・∪「うぐぐ…」

 

では、今回は残り2週間の夏休みの宿題追い込みについてのご紹介です。

 

∪・ω・∪「最終日に泣かないように頑張るワン!」

 

 

~夏休みの宿題追い込み方~

 

【その1】残りの宿題の量を確認。宿題の数やページ数を紙に書き出す。

 

まずは今、どれくらい宿題が残っているかきちんとチェックしましょう。

意外と「こんな宿題あったっけ?」というものが出てきたりしますよ。

 

∪・ω・∪「書き出してみたら意外と量があって泣きたくなったワン」

 

夏休みの初めからやっていればもっと少なく済んだと思いますが。

 

∪・ω・∪「それは言わないお約束だワン」

 

 

【その2】優先順位をつける

 

全部終わらせることが大前提ですが、出来なかったときも考え、優先順位を決め、確実に終わらせるようにしましょう。

 

∪・ω・∪「うーん…数学の先生は怒るとめちゃくちゃ怖いから、数学の問題集は最優先にするワン」

 

また、休み明けにテストがある場合は、その範囲の勉強を優先的に行いましょう。

夏休みの宿題と同じ問題が出る確率が非常に高く、むしろ宿題をやっていないと解けない問題が出てくることもあります。

注意しましょう。

 

 

【その3】残りの日に宿題を割り振る。

 

宿題の計画を立てます。

この時注意するのが、初日と最終日は量をすこし少な目にすること。

そして「予備日」を作らないことです。

初日に宿題を詰め込むとやる気が無くなり、最終日にギリギリに詰め込むと、予定がずれ込んだときに修羅場になってしまいます。

 

∪・ω・∪「予備日を作らないのはどうしてワン?

予定がずれ込んだときの為に、あったほうが良いと思うワン」

 

予備日があると、まだ大丈夫と思ってしまい逆効果になることがあります。

1日の負担を少なくする為にも、残りのすべての日に割り振ったほうが得策です。

 

割り振り方ですが、量が多い場合は1日に2つ以上の教科を割り振りましょう。

同じものを長時間行うと集中力が低下し、効率が下がります。

逆に量が少ない場合や、作文やポスターなどの集中力が必要とされる宿題は、分けずに一日で終わらせましょう。

 

 

【その4】実行

 

予定を立てたら直ぐに実行!

夏休みはあと2週間です。

「予定を立てて疲れたから明日からやろう」なんていってる時間はありません。

少しでいいので、宿題に手をつけましょう。

問題集に目を通すだけでも違いますよ!

 

∪・ω・∪「ひいいいい!

やばいワン、問題集こんなにボリュームあるのかワン!

これは最終日1日じゃ終わらんワン」

 

ちなみに、残り3日以下に問題集に目を通すと、逆に、出来ないことに開き直ってしまうことがあるのでご注意下さい。

残り3日以下のときは、ひたすら手を動かしましょう。

 

∪・ω・∪「肝に命じるワン」

 

 

この時期になると、夏休の追い込みで、図書館等は学生さんで一杯です。

カフェで集中して勉強するのもいいでしょう。

また、普段自分の部屋だけで勉強している人は、ためしにリビングに移動して勉強してみるのもいいかもしれません。

 

勉強時間を確保するのも大変です。

詰めすぎて集中力が落ちそうになっているならば、少しは休憩時間を取りましょう。

 

∪・ω・∪「休んでもいいのかワン?」

 

あくまでも、集中して勉強するための、休憩時間ですからね!

 

お待たせしました!今回は「自由研究その2」です。

 

∪・ω・∪「待ってたワン!

早くやり方を教えるワン!」

 

おお!やる気ですね~

 

∪・ω・∪「親にお盆前に終わらせろって、せかされてるワン」

 

なるほど。となると簡単に作れるものがいいですね。

では、今回は

・一瞬で水を凍らせてみよう!

・氷と塩でシャーベットを作ろう!

の2つやり方をご紹介します。

 

∪・ω・∪「よろしく頼むワン」

 

 

【一瞬で水を凍らせてみよう!】

 

水が一瞬で凍るところを見たことはありますか?

 

∪・ω・∪「TVで見たことあるワン。

確か振動を与えると水が凍るってやつだワン?」

 

その通り。

通常、水はマイナスの温度になると凍りだしますが、ゆっくり均一に冷やされると、条件によって凍らない場合があります。

これを「過冷却(かれいきゃく)」といいます。

さて、それでは早速実験です。

 

★材料★

 

・500mlペットボトル

・水

・冷蔵庫、冷凍庫

・厚手のタオル

 

∪・ω・∪「おお、材料少なくて助かるワン」

 

■手順■

 

< 1 > ペットボトルに水を入れ、フタをしめます。

 

< 2 > 冷凍庫、あるいは冷蔵庫の温度をマイナス5度くらいに設定し、ペットボトルを入れ、4~5時間かけてゆっくり凍らせます。

 

∪・ω・∪「うちの冷凍庫も冷蔵庫も、温度設定できないワン…」

 

温度が設定出来ない場合は、厚手のタオルをペットボトルに巻きましょう。

冷気を和らげます。

 

< 3 > 完成!冷凍庫からそっと取り出し、ペットボトルを振ったり、冷たいお皿の上に注ぐなどして振動を与えてみましょう!

 

 

∪・ω・∪「あー!普通に凍っちゃってるワン!」

 

不純物が入っていたり、温度や時間によっては上手く凍らないことがあります。

いくつか同時に行うなどして、実験してみましょう。

また、水以外の液体を凍らせたり、温度や時間の条件をかえて実験し、なぜ上手く出来たか、出来なかったかをまとめると、より良い自由研究になりますよ!

 

 

【氷と塩でシャーベットを作ろう!】

 

暑い夏といえば冷たい食べ物!

氷と塩の性質を利用して、シャーベットを作ってみましょう!

 

∪・ω・∪「食べるのは任せるワン!!」

 

ちゃんと作って下さいね!!!

 

★材料★

 

・お好みのジュース

・氷 200~300g(製氷皿2杯分)

・塩 大さじ6杯

・大き目のボウルか洗面器

・小さ目のステンレスボウル

・スプーン

・温度計

・タオルや軍手

 

■手順■

 

< 1 > 大き目のボウルの中に、氷と温度計を入れます。

そこへ、塩をまんべんなく入れ、かき混ぜます。

 

∪・ω・∪「わ!何かさっきより冷たくなってきたワン!」

 

このとき、塩を入れる前の温度や、入れた後の数分毎の温度の変化を記録しておきましょう。

また、氷を入れたボウルはすべりやすくなったり、非常に冷たくなるので、タオルや軍手を使いましょう。

 

< 2 > 小さめのステンレスボウルをセットし、お好みのジュースを1cmくらい入れます。

5~10分くらいでシャーベット状になるので、スプーンですくってお皿に盛り付けましょう。

 

< 3 > 完成!氷が溶けるまでは、まだまだつくれるので、色々なジュースで試してみて下さいね!

 

 

∪・ω・∪「ところで、どうして氷と塩でシャーベットができるワン?」

 

氷はとけるときに、まわりから熱をうばう性質があり、塩には氷を溶かす性質があります。

この二つの性質が合わさる事で、短時間でいっきに温度が下がります。

食塩水は、マイナス20度くらいまでは凍りません。

更に、液体の中は熱が伝わりやすいので、あっという間にアイスキャンディーをつくることができるのです。

 

∪・ω・∪「なるほど、だから冷凍庫よりも早く作れるワンね!」

 

このように、2つのものをまぜることで温度をさげるものを「寒剤(かんざい)」といいます。

塩の他にも、シャーベットが作れるものがあるか、調べてみるのも楽しいですよ!

 

 

∪・ω・∪「わ~!なんだか色々試してみたくなっちゃうワン!」

 

その好奇心が自由研究の醍醐味です!

手順にとらわれず、「なぜ?」と思ったことを、自分なりにどんどん追究しちゃいましょう。

きっと、他の人とはかぶらない、自分オリジナルの自由研究が完成しますよ!

 

∪・ω・∪「よーし!まずは特大シャーベットを作る為に大量の氷と塩とジュースを用意して、ボウルの代わりにお風呂場を使って…」

 

おうちの経済面も考えてね!!!

∪・ω・∪「うーんうーん」

 

最近悩んでること多いですね。

どうしたんですか?

 

∪・ω・∪「自由研究を何にしようか迷ってるワン」

 

おお!夏休みのラスボスですね。

 

∪・ω・∪「でも、何をやればいいのか全然思いつかないワン」

 

自由研究はテーマが決まらないとなかなか始められませんからね。

 

∪・ω・∪「そうそう、しかもテーマ自由って言うのが難しすぎるワン。

自由って何ワン!?

幅が広すぎてテーマが思いつかないワン!」

 

よくあるのが、日常的にある『なぜ?』と思うことを題材にするといいといいますが、何かありますか?

 

∪・ω・∪「あったら苦労してないワン」

 

確かに。

 

では、今回は自由研究のテーマについて考えてみましょう。

 

実際に、人気の自由研究を小学生のみなさんにきいてみました。

 

∪・ω・∪「人気のある自由研究?」

 

以下は、昨年の8月22日の、 小学生向けポータルサイト「キッズ goo」での自由研究の人気ランキングです。

 

・キッズ goo 人気自由研究ランキング

1位:砂糖と塩の性質をしらべよう

2位:一瞬で水を凍らせてみよう

3位:牛乳パックで貯金箱を作ろう

4位:ペットボトルで方位磁針を作ろう

5位:牛乳パックから再生紙を作ろう

6位:ダンボールで竜巻を作ろう

7位:世界のあいさつをしらべよう

8位:ペットボトルで空気砲を作ろう

9位:ペットボトルで雲を作ろう

10位:アイスクリームを作ろう

 

 

∪・ω・∪「みんなはこの中に作ってみたい、やってみたいものはあったワンか?」

 

次回はこれら自由研究のやり方をいくつかピックアップしてご紹介します。

 

∪・ω・∪「次回までにペットボトルとか材料を集めておくワン」

 

∪・ω・∪「お母さんへのお願いだワン。

子どもさんの自由研究に備えて使えそうなものは取っておいて欲しいワン」