8月2012

ご無沙汰でした。
教育ニュースブログです。
皆さん、暑い夏をいかがお過ごしでしょう。

 

∪・ω・∪「日陰に居るワン」

 

エコですね。

 

∪・ω・∪「そんな事より、今日のニュースは何ワン」

 

いつになく協力的ですね。

 

∪・ω・∪「いつも、このブログの事を考えて行動しているワン」

 

(・・・何があったんだろう)
今日のニュースはコチラ。

 

<理科 分析し説明する力に課題>
全国の小学6年生と中学3年生を対象とした全国学力テストの結果が、8日、公表されました。
子どもたちの「理科離れ」の実態を把握しようと、今回初めて行った理科では、基礎的な知識は身についているものの、実験や観察の結果を分析して説明する力に課題があることがわかりました。 全国学力テストは、去年、東日本大震災の影響で中止され、5回目となることしのテストには、全国の小学6年生と中学3年生のおよそ30%に当たる70万人余りが参加しました。
今回のテストは、国語と算数・数学、それに子どもの「理科離れ」の実態を把握しようと新たに加えた理科の、3つの教科で行われ、結果が8日、公表されました。
このうち理科の正答率の平均は、小学校が61.1%、中学校が52.1%でした。
物質の性質や機器の使い方など、理科の基礎的な知識を問うものに比べて、実験や観察の結果を分析して説明させるといった知識の活用力を見る問題の正答率が低くなっています。
また、国語と算数・数学については、それぞれ読み書きや計算などの基礎的な学力を調べる「問題A」と、知識を活用する力を調べる「問題B」の2つのテストが行われました。
正答率の平均を見ますと、国語では、小学校の「問題A」が81.7%、「問題B」が55.8%でした。
中学校では、「問題A」が76.1%、「問題B」が64.2%でした。
小学校の算数は、「問題A」が73.5%、「問題B」が59.2%、中学校の数学は、「問題A」が63.6%、「問題B」が51.1%でした。
いずれも「問題A」に比べて「問題B」の正答率が低く、依然として知識の活用力に課題を残す結果となり、文部科学省は、学校現場での指導方法の改善を図ることにしています。
(NHK NEWS WEB)

 

理科離れ云々はともかくと致しまして、『知識の活用力に課題』という長い間言われている問題が、また取り上げられたと言うように思います。

 

∪・ω・∪「毎度の事だったら、調査の意味が無いワン」

 

そんな事はありません。
取り組みによって改善されているかどうかの確認は大切です。
課題が明確になるという意味でも価値があります。

 

∪・ω・∪「改善するためにはどうすればいいワン」

 

えーっと、それを専門の人が一生懸命考えているわけですが。

 

∪・ω・∪「自分の意見も言うワン。日本の教育界に一石を投じるワン」

 

そういうハードルの上げ方はやめてもらえませんか。
というか、この数字自体どこまで意味があるのかは疑問です。

 

∪・ω・∪「どういう事ワン?」

 

正答率で比較していますが、この場合知識の活用を必要とする問題の方が正答率が低くて当たり前ではないでしょうか。
知識の活用は、知識が前提でそれを活用する事で正解できるわけです。
知識+応用の力が必要なので、「問題B」が解ける生徒は、おのずと「問題A」も解けるのではないでしょうか。

 

∪・ω・∪「結局調査の意味が無いってことワン」

 

このようにデータや数字を見て、検討考察する事が『知識の活用力』と言う事になると思います。

 

∪・ω・∪「????????」

 

どうしました。

 

∪・ω・∪「ちょっと待つワン。話がどこから例えだったのか分からんワン」

 

「どういう事ワン?」と「結局調査の意味が無いって事ワン」の間が例え話です。

 

∪・ω・∪「・・・続けるワン」

 

こういった『知識の活用力』を身につけるために必要なのは、理科ではないのではないでしょうか。

 

∪・ω・∪「どういう事ワン」

 

『知識の活用力』は三つの能力から成り立っていると思います。
・データの読み取り
・仮説の立案
・仮説の検証
今回出題された問題等を見た所、『仮説の立案』が出来ていない点が指摘されていました。
でも、そもそも仮説には正解は無いんですね。
『仮』説ですから、間違っている事は当然なんです。
仮説に必要なのは、「そうかもしれない」と思うほどの説得力をもっていることであって、正しい事ではありません。
なので、そもそも成否を問う問題でその力を図るのは不適切なのではないかと思います。

 

∪・ω・∪「もうちょっと分かりやすく言うワン」

 

そうですね。
『ポテトチップスを持って山に登ると、袋がパンパンに膨らみました。何故でしょう』
という問題があったとします。
答は『気圧が下がったため、袋の中の空気が膨張したため』です。
でも仮説は沢山立てる事が出来て
『山に登って気温が下がったために、ポテトチップス内部のものが反応した』
『上っている最中に振動を与えたため、中で物質同士が反応した』
『時間の経過により発生した』
とか色々考えていく事が出来るわけです。

 

∪・ω・∪「きりが無いワン」

 

そのきりが無いものを、検証して正解を導き出していく事が必要です。
理科は先ほど書いた能力のうち「データの読み取り」「仮説の検証」を学ぶためには非常に大切だと思います。
ですが、小学校や中学校の理科が、先駆者となった科学者たちが発見した知識を学ぶ学問である以上、仮説を立案させる事に適切だとは思えません。

 

∪・ω・∪「どの教科でやるワン?」

 

新しい教科をつくのも良いと思います。
既存の教科の中では『国語』と『社会』なのではないでしょうか。
国語であれば、自由に正解なく論じる事も可能です。
社会であれば、現実に答えが出ていない課題を与える事が出来るのではないでしょうか。

 

∪・ω・∪「それが『知識の活用力』に繋がるワン?」

 

まあ私見ですから、そういう考えもあるという程度に考えてみて下さい。
これは学校の中だけの話ではないと思います。
家庭でも、そういう考え方をする練習はいくらでも出来ます。
是非色々考えてほしいですね。

 

∪・ω・∪「分かったワン」

 

・・・今日、なんか素直ですね。

 

∪・ω・∪「そんな事無いワン」

 

ちょっと気持ち悪いんですけど。

 

∪・ω・∪「いつもこうだワン」

 

更新がすごく間が空いてしまった事も何も言わないし。

 

∪・ω・∪「あんまり言い過ぎてまた引きこもられても困るワン」

 

え?

 

∪・ω・∪「いままで、ちょっと言い過ぎた所もあったかもしれないワン」

 

そういう話になってたんですか?

 

∪・ω・∪「違うワン?」

 

いや、この所他の仕事が忙しくてですね・・・。
大変申し訳ない話なんですが。

 

∪・ω・∪「・・・心配して損したワン。次回からは平常運転にするワン」